Google App Engine for Java (GAE/J) 環境構築

備忘録として。

Windows XP 環境に GAE/J 開発環境を構築した際のメモ。ネット上に詳細な手順はいくらでも掲載されているが、今ひとつ決定打というか、バラつきがあるというか、個人的にしっくりこなかったため、あえて自分なりにまとめ直してみた。詳細な手順を示すのではなく、環境構築の道筋を明記することを目的としている。

  • 開発環境
    • Windows XP Professional SP3 32bit (以下、Windows)
    • Java SE 6 Update 24 (以下、JDK)
    • Eclipse Classic 3.6.2
    • Google Plugin for Eclipse 3.6 v2.2.1
  • 環境構築手順・概要
    1. JDK のダウンロード
    2. Eclipse のダウンロード
    3. Google App Engine アカウントの登録
    4. Google Plugin for Eclipse のインストール
  • 環境構築手順・詳細
    1. JDK のダウンロード
      • ダウンロードに時間がかかるので、先にダウンロードしておく
      • JDK をここからダウンロード
      • Windows の環境変数 PATH に JDK のインストールフォルダの bin ディレクトリを追加
    2. Eclipse のダウンロード
      • ダウンロードに時間がかかるので、先にダウンロードしておく
      • Eclipse をここからダウンロード
      • Eclipse のパッケージはどれをダウンロードするかが迷いどころだが、たとえば次のような各自の状況に応じて選択するとよい。どれを選んでも GAE は動作する
        • 既存の J2EE アプリケーションのマイグレーションを考えている・・・ Eclipse IDE for Java EE Developers
        • とりあえず GAE を使ってみたい、開発環境のメモリ使用量を抑えたい・・・ Eclipse IDE for Java Developers または Eclipse Classic
    3. Google App Engine アカウントの登録
      • ここから Google App Engine アカウントを登録する
      • 登録にあたっては以下の2つが必要となる
        • Google アカウント
        • 携帯電話のメールアドレス
    4. Google Plugin for Eclipse のインストール
      • Eclipse を起動し、[Help] メニュー > [Install New Software…] を選択
      • ここを参考に [Work with:] へ [http://dl.google.com/eclipse/plugin/3.6]をコピペし、Enter
      • [Plugin] と [SDKs] の両方を選択し、インストール

yktmnb について

IT土方兼社畜を生業としています。 入社以来 Java を用いた社内向け Web アプリの開発に携わっていました。 最近は IaaS 関連の仕事をしています。 個人的に Android アプリ開発をしたり、ゆるべんという勉強会 (http://wooven.org/) をのんびりとやってます。
カテゴリー: Eclipse, Google App Engine, Java パーマリンク