Ubuntu 14.04 に Android Studio をインストールする手順

12/9 に Google 社より Android Studio 1.0 がリリースされた。
今後は Android アプリケーション開発において、 Eclipse に代わるデファクト IDE となると予想されるため、インストール手順をまとめた。

  • Ubuntu Desktop 14.04.1 LTS 64bit
  • Android Studio 1.0
  • Oracle Java JDK 8

1. Android Studio のダウンロード

ダウンロードに時間がかかる (約 240 MB) ため、まず公式サイトより Android Studio をダウンロードする。

screenshot

2. JDK 8 のインストール

今回は OpenJDK ではなく、Oracle JDK を採用した。公式サイトには JDK 7 が必要と記載されているが、JDK 8 でも動作した。以下の通り PPA を追加し、パッケージをインストール。

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java8-installer

インストール後、以下の通りバージョンが表示されたら OK。

$ java -version
java version "1.8.0_25"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_25-b17)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.25-b02, mixed mode)

3. 必要パッケージのインストール

今回の実行環境は 64 bit OS だが、Android Studio はいくつか 32bit ライブラリを利用しているため、追加で下記パッケージをインストールする。

$ sudo apt-get install libc6-i386 lib32stdc++6 lib32z1

 4. Android Studio の実行

ダウンロードした zip ファイルを解凍し、Android Studio を起動する。
新規プロジェクトを作成し、エミュレータ等を利用してアプリケーションのビルド、実行ができれば OK。

$ unzip android-studio-ide-135.1629389-linux.zip
$ ./android-studio/bin/studio.sh

(おまけ) adb コマンドを使えるようにする

上記の手順でインストールはできたものの、Android 端末に接続するための adb コマンドが利用できなかったため、以下の通りパッケージをインストールしたところ、正常に動作した。

$ sudo apt-get install android-tools-adb
$ adb version
Android Debug Bridge version 1.0.31

 

 

yktmnb について

IT土方兼社畜を生業としています。
入社以来 Java を用いた社内向け Web アプリの開発に携わっていました。
最近は IaaS 関連の仕事をしています。
個人的に Android アプリ開発をしたり、ゆるべんという勉強会 (http://wooven.org/) をのんびりとやってます。

カテゴリー: Android, Java, Ubuntu パーマリンク