Ubuntu 12.04 に phpVirtualBox をインストールする手順

Ubuntu 12.04 に phpVirtualBox をインストールした際の手順メモ。

  • Ubuntu Desktop 12.04.5 LTS 64bit
  • Oracle VirtualBox 4.3.14
  • phpVirtualBox 4.3-1

VirtualBox のダウンロード&インストール

まず、Oracle VirtualBox をダウンロードし、インストールする。
以下の作業は、ubuntu ユーザの GUI 環境での作業を前提とする。

自分の環境では、apt-get のパッケージ・リポジトリ版では正常に環境構築できなかったため、
公式サイトよりダウンロードし、インストールする方式を採用した。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
リンク「VirtualBox 4.3.14 for Linux hosts」から Ubuntu 12.04 AMD64 用 debian パッケージファイル (virtualbox-4.3_4.3.14-95030~Ubuntu~precise_amd64.deb) をダウンロードし、インストールする。Desktop の DashHome で「virtualbox」で検索できて、かつ起動できれば OK。

次に、VirtualBox 4.3.14 Extension Pack (Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.3.14-95030.vbox-extpack)を同様にダウンロードし、インストールする (ダウンロードしたファイルをダブルクリックでインストール可能)。VirtualBox の環境設定画面で「機能拡張」に拡張パッケージとして「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」が有効になっていれば OK。

Apache2 & PHP5 &関連パッケージのインストール

phpVirtualBox を動かす上で必要なパッケージをインストールする。
以下の作業は、ターミナルを用いた CLI 環境での作業を前提とする。

まず、必要パッケージのインストール。

$ sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-php5 php5 chkconfig

最後の chkconfig はvboxweb-service を自動起動させる設定用パッケージ。
インストール完了後、http://localhost/ で Web サーバが起動していれば OK。

phpVirtualBox のインストールと設定

まず、phpVirtualBox をダウンロードする。

$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/phpvirtualbox/phpvirtualbox-4.3-1.zip

ダウンロードしたファイルを apache2 のデプロイ用ディレクトリに配置する。

$ sudo mv phpvirtualbox-4.3-1.zip /var/www/
$ cd /var/www/
$ sudo unzip phpvirtualbox-4.3-1.zip
$ sudo mv phpvirtualbox-4.3-1 phpvirtualbox

公式サイトの Wiki (http://sourceforge.net/p/phpvirtualbox/wiki/Home/) を参考にしながら設定を行う。

$ cd phpvirtualbox

設定ファイルをサンプルファイルから作成する。

$ sudo mv config.php-example config.php
$ sudo vi config.php

以下、設定を変更した箇所。
実行ユーザの設定を ubuntu に変更した理由は、GUI で ubuntu ユーザで作成した VM が既にあったため。
VirtualBox は ~/VirtualBox VMs というディレクトリ配下に VM 関連のファイルを作成することから、実行ユーザが既定の vbox だと ubuntu ユーザで作成した VM が phpVirtualBox で参照できなくなる、という問題を回避した。
また、ユーザインタフェースを日本語に変更するため、$language の設定を ja に変更した。

12行目付近:

var $username = 'ubuntu';
var $password = '**********';

22行目付近:

var $language = 'ja';

vboxweb-service を起動するための設定ファイルを編集する。
筆者の環境ではファイルが存在しなかったため、新規作成した。

$ sudo vi /etc/default/virtualbox

以下を追記する。

VBOXWEB_USER=ubuntu

vboxweb-service サービスを起動する。

$ sudo /etc/init.d/vboxweb-service start

サービスが起動したことを確認する。

$ lsof -ni:18083

以下の様な出力結果で、vboxwesrv が LISTEN となってれば OK。

COMMAND    PID   USER FD TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
vboxwebsr 1614 ubuntu 9u IPv4  11091      0t0  TCP 127.0.0.1:18083 (LISTEN)

サービスを自動起動する設定を行う。

$ chkconfig vboxweb-service on

最後に、ブラウザで http://localhost/phpvirtualbox/ へアクセスしてログイン画面が表示され、デフォルトのアカウント ID: admin / PW: admin でログインできれば OK。

yktmnb について

IT土方兼社畜を生業としています。 入社以来 Java を用いた社内向け Web アプリの開発に携わっていました。 最近は IaaS 関連の仕事をしています。 個人的に Android アプリ開発をしたり、ゆるべんという勉強会 (http://wooven.org/) をのんびりとやってます。
カテゴリー: Linux, phpVirtualBox, Ubuntu, VirtualBox パーマリンク